クレジットカードの仕組み

平成16年時点において、国内のクレジットカード発行枚数は2億7千万枚、クレジットカ−ド信用供与額は36兆円にものぼり、その規模は年々拡大しています。このようにもはや私たちの生活に欠かす事の出来ない物となった「クレジットカード」その仕組みはどのようになっているのか。

クレジットカードの「クレジット(信用)」とは、クレジットカード会社が、会員を信用 (credit) するという意味で使われています。

この会員に対する信頼に基づいて、会員が加盟店にて商品やサービスを購入する時、支払いを一時的に立て替えて払ってくれるのがクレジットカード会社であり、その現金の代わりになるのがクレジットカードです。
このように「会員」「加盟店」「クレジットカード会社」、この三者がいてクレジットカード事業が成立しています。

また支払いの一時肩代わりだけでなく、キャッシングの機能もあり、急な出費や給料日前、指定口座の残高がない時に現金を得られることも魅力のひとつです。

クレジットカード会社が立て替えて支払ってくれるということは、会員側から見るとクレジットカード会社に借金をするということになります。
したがって、クレジットカードを作る前には、返済能力が必ず審査されます。
スルガ銀行 クレジットカード


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。